派遣薬剤師になろう!調剤薬局で働く意義とは

派遣薬剤師になって調剤薬局勤務

薬剤師資格を取得して就職する先として最も多いのが調剤薬局です。正社員として働く人も多いものの、調剤薬局に派遣薬剤師になって勤務するという方法もあります。派遣で働くと一般的には仕事が安定しなくて収入が不安定になってしまうことが懸念されてしまうのは事実です。しかし、需要の高い薬剤師業界の場合にはその心配はなく、むしろ自由に職場を選べる立場にあります。あえて派遣薬剤師になって調剤薬局で働くのも良いでしょう。

職場を転々とするとわかることとは

派遣薬剤師になって調剤薬局で働いていると、各所での勤務期間は決して長くはありません。契約を延長して何年も働くことも可能ですが、派遣で働いているメリットを生かすなら職場を転々としてみましょう。所変われば品変わるというのがよくわかるはずです。現場によって習慣もルールも異なるため、働きやすい職場もあれば苦労の多い職場もあるでしょう。一度色々な職場で働く経験をしてみると自分に合った職場がどのようなものかが浮き彫りにされるのです。

より良い待遇で働ける可能性

派遣薬剤師になって職場を転々としているとだんだんと良い待遇で採用してもらえるようになっていきます。そのうちに地方の調剤薬局の方が待遇が良いことや、都心部の調剤薬局の方がマニュアル化が進んでいて機械的に仕事ができることを身をもって学べるでしょう。そのうちに自分にとってより良い待遇は何かというのも明確にわかります。するとより良い待遇で働ける職場を具体的に探せるようになり、それを選んで満足な形で働けるのです。

薬剤師の派遣の収入額は、勤務時間の長さや所有資格の種類などに左右されるため、求人先の担当者とよく相談をすることが大切です。